ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.12ー②ハチ

さて前回の続きです。

アシナガバチについてです。

スズメバチと見た目やサイズが似ているので間違われる方もおられると思います。

スズメバチはスズメバチ科・アシナガバチ亜科です。

なので似ていて当然でしょうか。

家の敷地にも巣を作り、その姿をよく見かけます。

サイズはスズメバチに比べ、やや細身の小ぶりです。

こちらから、威嚇をしなければアシナガバチから攻撃をしかけてくることは、比較的少ないと思います。

但し、巣の近くを通るとその限りではありません。

飛行能力はやや低いので、それほど素早くは飛びません。

ですが、油断は禁物です。

アシナガバチはスズメバチに比べると比較的おとなしい方なのですが、蜂というだけあってやはり危険に変わりはありません。

アシナガバチの毒は、スズメバチと同様にアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。

アシナガバチに刺されると猛烈な痛みがあります。

結論、攻撃性は低いですがアシナガバチはスズメバチと同等の注意が必要です。

次に舐めてはいけないミツバチについてです。

ミツバチ

蜂蜜と言えばミツバチということでミツバチにはそれ程、恐怖を感じない人も少なくはないかもしれません。

ですが、この考えは危険です。

確かに蜜の採取や植物の受粉に欠かせないミツバチですが、実はミツバチも油断は禁物です。

ミツバチの性格は温厚です。

スズメバチやアシナガバチに比べ小ぶりです。

蜂の一刺しなんて言いますがこれはミツバチの事です。

ミツバチに刺された針が抜けないのです。

ミツバチの針は、刺さるとハチ本体から抜けて、人体の皮膚から抜けなくなります。

針の抜けたミツバチは死んでしまいます。

ですので蜂の一刺しなんて言うわけです。

又、意外と毒性は強いです。

更に毒の匂いは、他のハチを呼び寄せる為、早めの処置が必要です。

最後に、クマバチ(クマンバチ)についてです。

クマバチ

クマバチ(クマンバチ)は、非常に大きな体をしていますが攻撃性は低く、比較的安全です。

オスのクマバチ(クマンバチ)が向かって飛んでくることがありますが、攻撃を仕掛けてきているわけではなくクマバチ(クマンバチ)のメスかどうかを確認しています。

で、オスには毒針がありませんので、これには安心です。

まあ、いづれにせよ、蜂には近づかないようにし、決して蜂を刺激しないようにしましょう。

それだけで、襲われる確率はかなり下がります。

それでも万が一蜂に刺されてしまった場合は、蜂の種類に関係なく、早めの処置が必要です。

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.12ー①ハチ

今回は蜂がテーマです。

これは、正直ゴミ屋敷とはそれほど繋がりはないかもしれません。

蜂は昆虫綱ハチ目に分類される昆虫のアリと呼ばれる分類群以外の総称です。

日本で蜂と言えばスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ、クマバチ(クマンバチ)を思い浮かべるのではないでしょうか?

その中でもスズメバチの人的被害は脅威です。

ということで、まずはスズメバチからお話ししたいと思います。

やはり、皆様ご想像の通り、最も被害が多いのがスズメバチです。

スズメバチの毒は非常に強力で色んな生理活性物質の混合物でできています。

その為、別名、毒のカクテルと呼ばれています。

巣付近を通るだけで襲い掛かってくる程の攻撃性を持っています。

岐阜県で開催された「山の村だいこんマラソン大会」で参加者115人がスズメバチに刺されるという被害も起きています。

刺されると場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こします。

特に、二度目に刺された時は危険とされています。

又、刺される度に危険性は増していきます。

昔、蜂に刺されたら小便をかけたら良いと聞いたことがありますが、そんなものは迷信と思って、直ちに病院で処置を受けて下さい。

尚、スズメバチの毒は毒針による攻撃だけでなく毒を噴霧してきます。

目に毒を受けると失明の恐れもありますので、最新の注意が必要です。

更にはこの毒に仲間のスズメバチが寄ってきます。

スズメバチは蜂の一刺しとは訳が違い何度も何度も刺してきます。

はっきり言って極悪非道です。

サイズも蜂の中では大型です。

一言でスズメバチと言っても、日本にはなんと16種類もスズメバチと呼ばれる蜂が存在します。

その中でも2種類代表的なスズメバチを挙げます。

【オオスズメバチ】

一番ヤバそうで最もポピュラーなスズメバチです。

とにかく噛む力が強く、刺された患部はパンパンに腫れあがります。

最も危険なスズメバチと言えるのではないでしょうか?

何度も刺されると命に関わります。

巣は土の中に作ることが多くいです。

飛行能力も高く、時速30キロ以上で飛来します。

【キイロスズメバチ】

これまたポピュラーなスズメバチです。

こちらも、大変攻撃性が高く、刺されると命に関わります。

こちらの厄介なのは、巣がいろんな場所に作られます。

屋根裏などの巣は黄色スズメバチの確率が高いです。

では次にアシナガバチについてですが、それはまた次回にお話しさせて頂こうと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.11ノミ

今回の害虫はノミです。
ノミは、節足動物門昆虫綱ノミ目に属する昆虫の総称です。

因みに漢字は蚤と書きます。

シラミは非常にノミに近い感覚を皆さんお持ちではないでしょうか?

両者の差は色々ありますが、簡単に説明すると、ノミ類は完全変態で、シラミは不完全変態の昆虫です。

ノミに体の大きさに似合わず、凄まじい跳躍力を持っています。

1メートルほど飛べるノミもいるようですが、ほとんどが30センチ程度をぴょんぴょん飛び跳ねます。

ノミの体長は1mm以下~9mm程度で非常に小さく、見つけにくいです。

ノミは湿気を好みます。

どうしても、ゴミ屋敷はノミが発生しやすい環境にあります。

ノミを発生させない為の対策としては、

衣類や部屋を清潔に保ち、なるべく湿気た場所を作らないような家具などの配置を考え、適度な換気を行うことが大切です。

又、ノミに刺されないようにする為には、自分自身を清潔に保つ事が重要です。

因みにノミに刺されると尋常じゃなく痒いです。

何か所も一匹のノミが刺してくるのでたまらないです。

そうならない為にも、普段から部屋の片づけ、掃除、あどを心掛けましょう。

尚、ノミは布団によく居ます。

布団は定期的に干しましょう。

太陽光を当てることが重要ですので屋外に干すこと。

又、両面を干すことでより効果が現れます。

湿気を残さない為にも陽が落ちるまでにはかならず布団を取り込んで下さい。

布団はバンバン叩かない方が理想です。

ノミの死骸が布団内部へと侵入するからです。

軽くはたいて掃除機をかけましょう。

太陽光に当てるとノミが死にますので掃除機で吸い取って下さい。

レイコップのような布団専用掃除機だとより効果的です。

又、ノミは伝染病を媒介しますので早めの対策を行うようにして下さい。