ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.12ー②ハチ

さて前回の続きです。

アシナガバチについてです。

スズメバチと見た目やサイズが似ているので間違われる方もおられると思います。

スズメバチはスズメバチ科・アシナガバチ亜科です。

なので似ていて当然でしょうか。

家の敷地にも巣を作り、その姿をよく見かけます。

サイズはスズメバチに比べ、やや細身の小ぶりです。

こちらから、威嚇をしなければアシナガバチから攻撃をしかけてくることは、比較的少ないと思います。

但し、巣の近くを通るとその限りではありません。

飛行能力はやや低いので、それほど素早くは飛びません。

ですが、油断は禁物です。

アシナガバチはスズメバチに比べると比較的おとなしい方なのですが、蜂というだけあってやはり危険に変わりはありません。

アシナガバチの毒は、スズメバチと同様にアナフィラキシーショックを引き起こすことがあります。

アシナガバチに刺されると猛烈な痛みがあります。

結論、攻撃性は低いですがアシナガバチはスズメバチと同等の注意が必要です。

次に舐めてはいけないミツバチについてです。

ミツバチ

蜂蜜と言えばミツバチということでミツバチにはそれ程、恐怖を感じない人も少なくはないかもしれません。

ですが、この考えは危険です。

確かに蜜の採取や植物の受粉に欠かせないミツバチですが、実はミツバチも油断は禁物です。

ミツバチの性格は温厚です。

スズメバチやアシナガバチに比べ小ぶりです。

蜂の一刺しなんて言いますがこれはミツバチの事です。

ミツバチに刺された針が抜けないのです。

ミツバチの針は、刺さるとハチ本体から抜けて、人体の皮膚から抜けなくなります。

針の抜けたミツバチは死んでしまいます。

ですので蜂の一刺しなんて言うわけです。

又、意外と毒性は強いです。

更に毒の匂いは、他のハチを呼び寄せる為、早めの処置が必要です。

最後に、クマバチ(クマンバチ)についてです。

クマバチ

クマバチ(クマンバチ)は、非常に大きな体をしていますが攻撃性は低く、比較的安全です。

オスのクマバチ(クマンバチ)が向かって飛んでくることがありますが、攻撃を仕掛けてきているわけではなくクマバチ(クマンバチ)のメスかどうかを確認しています。

で、オスには毒針がありませんので、これには安心です。

まあ、いづれにせよ、蜂には近づかないようにし、決して蜂を刺激しないようにしましょう。

それだけで、襲われる確率はかなり下がります。

それでも万が一蜂に刺されてしまった場合は、蜂の種類に関係なく、早めの処置が必要です。

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.12ー①ハチ

今回は蜂がテーマです。

これは、正直ゴミ屋敷とはそれほど繋がりはないかもしれません。

蜂は昆虫綱ハチ目に分類される昆虫のアリと呼ばれる分類群以外の総称です。

日本で蜂と言えばスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ、クマバチ(クマンバチ)を思い浮かべるのではないでしょうか?

その中でもスズメバチの人的被害は脅威です。

ということで、まずはスズメバチからお話ししたいと思います。

やはり、皆様ご想像の通り、最も被害が多いのがスズメバチです。

スズメバチの毒は非常に強力で色んな生理活性物質の混合物でできています。

その為、別名、毒のカクテルと呼ばれています。

巣付近を通るだけで襲い掛かってくる程の攻撃性を持っています。

岐阜県で開催された「山の村だいこんマラソン大会」で参加者115人がスズメバチに刺されるという被害も起きています。

刺されると場合によってはアナフィラキシーショックを引き起こします。

特に、二度目に刺された時は危険とされています。

又、刺される度に危険性は増していきます。

昔、蜂に刺されたら小便をかけたら良いと聞いたことがありますが、そんなものは迷信と思って、直ちに病院で処置を受けて下さい。

尚、スズメバチの毒は毒針による攻撃だけでなく毒を噴霧してきます。

目に毒を受けると失明の恐れもありますので、最新の注意が必要です。

更にはこの毒に仲間のスズメバチが寄ってきます。

スズメバチは蜂の一刺しとは訳が違い何度も何度も刺してきます。

はっきり言って極悪非道です。

サイズも蜂の中では大型です。

一言でスズメバチと言っても、日本にはなんと16種類もスズメバチと呼ばれる蜂が存在します。

その中でも2種類代表的なスズメバチを挙げます。

【オオスズメバチ】

一番ヤバそうで最もポピュラーなスズメバチです。

とにかく噛む力が強く、刺された患部はパンパンに腫れあがります。

最も危険なスズメバチと言えるのではないでしょうか?

何度も刺されると命に関わります。

巣は土の中に作ることが多くいです。

飛行能力も高く、時速30キロ以上で飛来します。

【キイロスズメバチ】

これまたポピュラーなスズメバチです。

こちらも、大変攻撃性が高く、刺されると命に関わります。

こちらの厄介なのは、巣がいろんな場所に作られます。

屋根裏などの巣は黄色スズメバチの確率が高いです。

では次にアシナガバチについてですが、それはまた次回にお話しさせて頂こうと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.11ノミ

今回の害虫はノミです。
ノミは、節足動物門昆虫綱ノミ目に属する昆虫の総称です。

因みに漢字は蚤と書きます。

シラミは非常にノミに近い感覚を皆さんお持ちではないでしょうか?

両者の差は色々ありますが、簡単に説明すると、ノミ類は完全変態で、シラミは不完全変態の昆虫です。

ノミに体の大きさに似合わず、凄まじい跳躍力を持っています。

1メートルほど飛べるノミもいるようですが、ほとんどが30センチ程度をぴょんぴょん飛び跳ねます。

ノミの体長は1mm以下~9mm程度で非常に小さく、見つけにくいです。

ノミは湿気を好みます。

どうしても、ゴミ屋敷はノミが発生しやすい環境にあります。

ノミを発生させない為の対策としては、

衣類や部屋を清潔に保ち、なるべく湿気た場所を作らないような家具などの配置を考え、適度な換気を行うことが大切です。

又、ノミに刺されないようにする為には、自分自身を清潔に保つ事が重要です。

因みにノミに刺されると尋常じゃなく痒いです。

何か所も一匹のノミが刺してくるのでたまらないです。

そうならない為にも、普段から部屋の片づけ、掃除、あどを心掛けましょう。

尚、ノミは布団によく居ます。

布団は定期的に干しましょう。

太陽光を当てることが重要ですので屋外に干すこと。

又、両面を干すことでより効果が現れます。

湿気を残さない為にも陽が落ちるまでにはかならず布団を取り込んで下さい。

布団はバンバン叩かない方が理想です。

ノミの死骸が布団内部へと侵入するからです。

軽くはたいて掃除機をかけましょう。

太陽光に当てるとノミが死にますので掃除機で吸い取って下さい。

レイコップのような布団専用掃除機だとより効果的です。

又、ノミは伝染病を媒介しますので早めの対策を行うようにして下さい。

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.10クモ

今日はクモについてです。

クモは害虫?益虫?

これは、正直難しい所です。

私の周りには結構クモが苦手な人がいます。

こういう人たちにとってはクモは害虫なのかなぁ?と思います。

因みに、見た目がグロテスクで嫌だそうです。

まあ、それを全部害虫と言ってしまえば、私なんてインコが嫌いですけどね。

私は案外クモは大丈夫な方なので益虫かなぁ?と思うのですが、私もクモの巣は鬱陶しいですね。

車のライトやテールランプ付近にクモの巣が張ってると、クモが隙間に入り込んでいて採っても採っても翌朝にはクモの巣が張っているみたいなことが多いのではないでしょあか?

当然、空き家やゴミ屋敷にはよくクモの巣が張ってあり、クモが居ついてたりしますが、どうあれ、そこらじゅうにクモの巣を張られていたらウンザリしますよね?

とはいえ私もコンクリートの風呂なんかによく居る大きめのクモ(アシダカグモ)は見ていて気持ちの良いものではないですが…

クモは、節足動物門鋏角亜門クモ綱クモ目に属する動物の総称です。

クモの巣を張って虫などを補食します。

蜘蛛の糸の強度は鋼鉄の5倍とも言われています。

強度はナイロンよりやや劣りますが、弾力性はナイロンの約2倍です。太さが同じという条件で引っ張り張力を比較すると、鋼鉄の半分程度にも達します。

クモの糸は水分を含んだ状態であれば約3倍程度にも伸びる粘弾性をもちます。

昔、蜘蛛の糸をよって作ったロープに、大人がぶら下がって強度を試す、という実験をしていましたが、切れませんでした。計算上2.6mmのクモの糸で600kgの重さまで耐える強度があるそうです。

又、時速30キロで飛来した蜂を捕獲できる強度があるそうです。
このクモの糸を参考にバイオスティールという糸がつくられています。

まあ、とにかくクモの糸は、テラフォーマーズじゃないですけど、超丈夫で、もし人間と同じ規格のクモが作り出した。、クモの糸なら大人の成人男性1人支える位、屁でもないということです。

まあ、スパイダーマンもぶら下がって高層ビルの合間を飛び回ってますしね。

で、クモは害虫なのか?益虫なのか?ということなのですが、クモは他の虫を食べてくれるんですね。例えばゴミ屋敷の、いや地球上のキングオブ害虫ゴキブリやハエを補食してくれます。なんて頼もしい奴なんだ。と思うときもあったりします。

ですので、どうしてもゴキブリがよく現れる、ゴミ屋敷にはクモが付き物ということになります。

という考え方に基づくと益虫という扱いになります。

で日本には毒グモはそれほど居ないと思われている方が結構います。

これは、大きな間違いです。実は、日本にいる殆どの種類のクモが毒を持っているのです。ですが、クモが噛みついても人間の皮膚を貫通出来ない程の噛みつく力であり、万が一クモが噛みつこうとしても気付かない。

又は、毒が微弱ということです。

よく、毒グモの代名詞と言えばタランチュラと思う方もいるかもしれませんが、そのタランチュラの毒でさえ、人間には余り効果がないそうです。

日本にいる毒グモという点ではセアカゴケグモが連日ニュースでも話題になり、有名ですが、これですら、恐らく人間を死に至らしめる確率は低いと言えます。

ですが、噛まれると激痛です。詳しくはまた、セアカゴケグモの記事を上げたいと思います。

又、恐らく、まだ、日本には上陸していないと思いますが、マウスを死なせるほどの毒でクロドクシボグモというヤバい奴もいます。

0.1mg以下の毒で人間を致死させる猛毒を持っているクモです。
このクロドクシボグモ1匹の毒で80人の人間を大人を殺せるそうです。
危険な分、血清は既に存在するそうです。

結論、ゴキブリなどの駆除を優先するのであれば益虫、見た目やクモの巣を考えるのであれば害虫という感じですね。

蜘蛛を殺してはいけない、という言い伝えもある位ですからね。

蜘蛛は病原体を媒介する可能性は少ないし、臆病なので直ぐに逃げていくので、まあそれほど気にならない人もいるかもしれませんね。

 

 

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.9ハト

鳩は害獣なのか?

これは正直賛否両論あると思います。

なんてったって鳩は平和の象徴ですからねぇ。

尚、鳩は約300種類存在します。

その中で日本にいる野生の鳩はキジバト、アオバト、シラコバト、カラスバト、ベコバト、キンバトの約6種類。

で、街でよく見かける鳩は(土鳩や堂鳩)ドバトとキジバトと言います。

ドバトとは元はカワラバトのことで、飼養されていたカワラバトが、野生化したものがドバトです。

なので、ドバトの正式な名称はカワラバトで、元は家畜の為、野生扱いにはなりません。

一方キジバトは在来種でハト目ハト科の鳥です。

日本全国に分布しており,日本でもっとも分布の広い鳥の一つです。

寒くなると南の方へ移動してきます。

で、ここからが本題ですか、この2種類、中でも特にドバトは慣れすぎなほど人に慣れ、都市部に当たり前のように出没し、餌を求めて人間に寄ってきます。

よかニュースにもなる、これに餌をあげる人がいると、何度も何度も同じ場所を訪れます。

で、色々な害はありますが、何が最も害があるかというと、私的には圧倒的にフン害です。

景観を損ねるだけでなく、車に着いたフンは車の塗装を一気に弱らせます。

又、フンですので、もちろん、汚れや悪臭があります。

しかし、それ以上に怖いのが健康被害です。

鳩のフンには色々な病原体が含まれています。

代表的な病気を言うと、アレルギー症状、トキソプラズマ症、鳥インフルエンザなどがあります。

他にも色々ありますが、有名なだけでもそれほどあります。

これらは、乾燥した鳩のフンを吸い込こんだり、触ったりすることで感染します。

鳩のフンが付着しているものを見つけたらそのままにはせず、できるだけ、除去することをオススメします。又、その際、マスクをするなり、鳩のフンは絶対に吸い込まないように気をつけて下さい。

自分で処理できないほどの鳩の被害があるなら専門業者に頼んでみるのも一つの方法だと思います。

ゴミ屋敷の害獣、害鳥というよりは、どこにでもいる害鳥でした。

 

 

 

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.8シロアリ

出ました。シロアリです。

シロアリは昆虫綱ゴキブリ目シロアリ科 目の昆虫の総称です。

シロアリはクロアリと違いゴキブリの仲間と言っていいと思います。

因みにクロアリはハチ目の昆虫ですのでそれだけで人間が持つイメージは全然違うものになるかと思います。

シロアリは朽木など食べるゴ訳だがゴミ屋敷は正常な家より湿度が高いため、よりシロアリが住みつき易いと私は考えている。

尚、アリジゴク→ウスバカゲロウのような完全変態の昆虫がいる中、シロアリは不完全変態で 幼虫と成虫の見た目がほとんど変わらない。尚、飛行後すぐに根元からちぎれてしまう。

シロアリは自然のサイクルに大変重要な役割を担っていて、枯木や落葉などの約60%程度までが、シロアリによってリサイクルされている。

シロアリは建築物の基礎(根太など)や柱などを食い荒らし、建築物の価値を損ね、皆さんの財産を食い尽くしてしまう。もちろんそれだけでも甚大な被害だが倒壊の原因にも繋がります。

ただ、皆さんご存知の通り、シロアリは建築物に対し、深刻な害をもたらす害虫であることも間違いない。一般的な駆除法として薬剤を被害場所に散布したり、注入したりする方法をとる。この際、業者に依頼した場合は床下に潜り込むか、壁や床に穴を開け作業を行う、作業の進行具合を確認しづらい作業なので悪徳業者などには十分に気をつけたい。

尚、日本シロアリ対策協会は和歌山県高野町の金剛峯寺、別院参道の入口脇に存在します。

 

害虫駆除を頼むなら

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.7タカラダニ

今日は、タカラダニについて記載したいと思います。

タカラダニって何?って思われた方も多いかと思います。

タカラダニはダニ目前気門亜目タカラダニ科アナタカラダニ属のカベアナタカラダニといいます。

メス以外見つかっていません。オスは見つかっておらず、単為生殖を行っているのではと考えられています。

五月頃からコンクリートブロックなどに大量発生して、梅雨明けに数が激減します。赤い小さな虫で蜘蛛と思っていた方も少なくは無いのでしょうか?

でなぜコンクリートの大量発生するかというと、表面に生える苔などを餌としている為や天敵が居ない為ではないかと言われている。

タカラダニはコンクリートに卵を産み付けます。

もし卵が産み付けられていたら高圧洗浄機で洗い流してしまいましょう。

そのまま放っておくとタカラダニが毎年そこに産卵します。

卵を見つけた場合は必ず駆除しましょう。

尚、日本全国ほぼどこにでも出没します。

雑食性で、花の花粉や小型の昆虫を摂食する

ヒトに攻撃をしてくることはないが、潰れたタカラダニの体液に長時間触れていると皮疹が生じるおそれがある。又、潰れると真っ赤な色素を持つ為、衣類などが赤く染まる為、迷惑がられています。

で今だに(ダニだけに)タカラダニ用の殺虫剤は1種類しか見たことがありません。

裏技として中性洗剤をかけると窒息して駆除できます。

今回はゴミ屋敷に出現する害虫というよりもどこにでもいます。のでお気を付けください。

 

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.6ムカデ

では問題です。

ムカデとヤスデの違いわかりますか?

答え 毒の有無

ヤスデ

↑ヤスデ↑

一枚目がムカデ、2枚目がヤスデ

 

もちろん、見た目や動きの速さなど色々違いはありますが、なんといっても決定的な違いはやはり毒でしょう。

ムカデには毒があり、ヤスデには毒がありません。

で今回はより危険な、ムカデの話をします。

ムカデは多足亜門 ムカデ綱に属する節足動物の総称です。

ムカデは顎肢に毒腺を持っています。

ムカデは全て肉食で、小動物を捕食します。

特にオオムカデ類は人間に対し攻撃を仕掛けるものもいるので要注意です。

又、触れると手当たりしだいに噛みついたりします。

ムカデに噛まれた場合は激痛が走ります。

これは毒性のあるものに攻撃されたことが無いとわからない程の激痛です。本当に地獄です。何かに触れようと思っても触れれなくなります。何を触りに行っても針を突き刺されているような痛みです。

只、人命を奪うほどの威力は無く、ムカデの毒で死亡したということはあまり聞いたことがありません。

ですが、アナフィラキシーショック(かつ気道の閉塞を伴い、それによる死亡は初期の1~2時間に起こります。)は起きる可能性がありますので、油断はできません。

尚、日本最大級のムカデはトビズムカデで体長が最大20cm程度です。

体色は同一ではなく個体により異なります。なのでトビズムカデと判断するのは体色ではできません。

生息はほぼ日本全国で、冬以外出没します。

湿度のある朽木や落葉の中に生息する。

上記の通り肉食性なのでゴキブリやバッタ、ガ、ネズミ、コウモリまでも捕食することがある。

寿命は5年から7年で、住宅地でも餌を求め、建物に侵入することがある。

もう、お分かりだと思いますが、前記事の通り、ゴミ屋敷の不動のレギュラーゴキブリとネズミ、準レギュラーのコウモリさえも捕食する為、ゴミ屋敷に侵入してきます。

ゴキブリやネズミが多ければ多いほどムカデの居る確率は高いと考えて問題ないと思います。

 

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.5ハクビシン

えっ?ハクビシン?そんなのゴミ屋敷にいるんですか?

そう思った人は、たくさんいると思います。

ところがね、居るんですよ、まあ滅多にいないですけど。

因みにハクビシンは外来種と考えられていて哺乳類ジャコウネコ科の動物です。

生息地は中国大陸南部、マレーシア、東南アジア、南アジア、台湾、本州の東半分と四国に生息していると言われています。

民家の床下・屋根裏などに棲み着くことがあるのでゴミ屋敷はハクビシンにとってとても居心地が良いのである。

雑食で、木登りが得意な動物で、梨・カキ・でバナナ・ミカン・マンゴーなどの果実、小動物、昆虫なども食べますが植物食中心の雑食性で、鳥を含む小動物や鳥の卵などを食べます。

逆に中国南部では、ハクビシンは食べられちゃいます。獣臭さがあるので、ニンニク、醤油などで濃厚な味にするのが一般的です。尚、中国南部の料理とは広西料理、広東料理、雲南料理、安徽料理などです。

ということで、ゴミ屋敷でも人が住んでいるとなかなか現れないが、空き家などにしていると、ハクビシンが住み着いていたりするのである。

で、ハクビシンは家に侵入できそうな動物では生態系の上位にランキングされ西日本の人には馴染みがないが、東日本のゴミ屋敷にはちょいちょい出没するのです。

てことで今回はハクビシンについてでした。

 

 

 

 

 

ゴミ屋敷業者害虫駆除 プロフィールNO.4ハエ

今回は、ハエについてです。

こいつもなかなかの頻度でゴミ屋敷に出没します。

まあ、ハッキリ言ってゴミ屋敷以外でもちょっと不衛生にしてると直ぐ湧きますよね。

言わずと知れたハエの子供がウジですが、色んな所で発生します。特に腐敗が進んだ物とかに沸いたりします。

ハエは蚊とは違い、飛翔能力が非常に高く、ホバリングは本当にその場に止まっているかのように見えるほどです。

これは、不思議なのですが、やたらとしつこく追っかけてきます。

手で払ってもやたら突っ込んできます。

私が汚いのでしょうか!?

そんなことありません。

ちゃんと毎日風呂に入ってます。

で叩き落とそうと思ってもとにかく早いんです。

以前、探偵◯◯◯スクープという番組でハエをとても上手く捕まえれる人が出てましたが、そーっと後ろから捕まえてました。

まあ、それはともかく、上記のように腐敗が進んだ物とかに沸いたりしますので、ハエはウイルスを媒介します。

代表的なもので言えば、チフス、O-157、コレラ、赤痢や目や皮膚の疾患、寄生虫卵、赤痢アメーバーポリオウイルスなどなど病原体が飛んできているようなものです。

自分では手に追えないほどハエが発生してしまったらプロの業者に頼んだ方が良いでしょう。